Bonzoh

Welcome Area



Now!!

盆造通信 紙が更新されました ! https://t.co/muouBZSLLr おかげで @sayori_Naturaln @Unlimited_space #現代ビジネス #全身脱毛
3時間前

ティコのマスターの通夜の後、皆で飲み。一緒に飲めたかな。 #ohayo https://t.co/eeIXtVxnzv
22時間前

盆造通信 紙が更新されました ! https://t.co/3N3tWpiopA おかげで @livegirlsjapan #はてなブックマーク #新着
1日前

昨日ティコティコのマスターが亡くなり今晩御通夜。目覚めが悪い。 #ohayo https://t.co/USy9qKa9sd
1日前

盆造通信 紙が更新されました ! https://t.co/7fAWJdp4fQ おかげで @mashupNY #5分で作れるbot #けものフレンズ
2日前

Biography





1965年10月29日
北海道は中標津町にて誕生

1974年~
当時ブルースリー人気が絶頂であり、映画館通いが始まる。
他にも『エクソシスト』『ジョーズ』等の人気映画を観て、本編だけではなく音楽にも興味を持ちレコードを購入して聴き始める。

1977年~
NHKヤングミュージックショーで『KISS』を観てロックに衝撃を受ける。
その流れから『クイーン』『エアロスミス』などを知り、どんどんロックにハマり聴きまくる。
近所の仲の良い幼馴染がアコースティック・ギターを入手し、更にゴミ置き場でポロポロのエレキ・ギターを拾った事が発端で一緒にギターを練習し始める。
そんなこの年の終わり頃ようやく『ビートルズ』を聴き始める。

1979年~
ロックを勉強するうちにロジャー・ウォーターズ&ロン・ギーシンの『Music from The body』を聴き感銘を受け、ピンク・フロイドを聴き始めプログレッシヴ・ロックと出会う。

過去に聴いていた映画『サスペリア』の音楽を演奏していた『ゴブリン』というバンドもプログレッシヴロックの括りであると知り、ますますプログレに惹かれ始める。プログレの持つ前衛的な表現に感化され、オリジナル曲を作り始める。
幼馴染と共にカセットデッキを持ち寄り『ピンポン多重録音』に明け暮れる。

1981年~
高校に入り、本格的(?)なバンド活動を開始。
担当楽器は以前から興味があったドラムとなり、先輩達の影響からジャンルの幅が広がる。
学年混合バンド『モノマニア』を結成。主に『TOTO』『プリズム』等のコピー演奏を行う。
地元のバンドイベントに初出場、グランプリを獲得。

2年生になると、フュージョン寄りの『ラリー・カールトン』『リー・リトナー』等もコピーし始める。
二回目のバンドイベント出場では作曲賞獲得で終わる。

3年生になると先輩達から開放されたということもあり、少々素行が乱れる。
チョイワル同級生達とパンクバンド『ファック・オフ』を結成、過去に培ったピンポン録音の経験でオリジナルデモテープを作り後輩達に無理矢理売り付ける。
数回のライブと2本のデモテープを発表し、卒業と共に解散。

1984年~
「若いうちに東京に行ってバンドをやってみたい!」…と、関東圏神奈川に移り住む。
出合ったメンバーとプロクグレで意気投合、『ダーク・ルーム』なるバンド結成しギターを担当。
発ステージは渋谷『エッグマン』、初ライブハウスを体験するが、各メンバーが別バンドでの活動が多忙になり自然消滅。

引き続き掛け持ちメンバーを集めてロックバンド『ナイル』を結成。ドラムを担当する。
メンバーチェンジを繰り返しながら渋谷『ラママ』や目黒『ライブ・ステーション』、新宿『ACB』などに出演、オリジナル曲も増える。
しかしながら相変わらず自分の素行が悪く、バンド活動する資金も底がつき23歳で帰郷。

1988年~
今の会社に落ち着くも、音楽活動は続く。
いくつかのバンドを流れ歩いた後、数人が集まり『燦々丸』というオリジナルバンドを結成。
年に数回のライブ活動をしながら1本のデモテープも制作。
しかしながら、やはり自分の素行の悪さが祟り解散。

そのうち酒気帯び運転で捕まり、免停講習を受けに行った会場で某サックス奏者と出くわし、新たなバンド『ホットバルブ・ブラザース』にドラムとして参加。
何名かのメンバーチェンジがあったが、カバー、オリジナルを含むフュージョン系で年一度程度のライブ活動を行う。
…が、自分の深酒が進み素行の悪さが表面化してきてバンドを脱退。

その頃ちょこちょこサポートとしてベースを手伝っていたバンド『トランキライザー』にベースとして正式加入。
ジャズ系のフリー演奏を主に道東エリアで広くライブ活動を行う。

1995年~
『トランキライザー』は解散せず続いていたものの、各メンバーの本業が多忙になり活動が薄くなる。
31歳でめでたく結婚。
過去に解散した『燦々丸』の再結成の話が浮上する。
暫く振りの作り込んだオリジナル曲での活動となり、さすがに熱が入る。
地元や近隣地域でのライブ活動と共に『燦々丸』主催で年に一度ロックイベントを行うようになり、歳のわりには活発に動く事となる。
そんな活動が始まった4年目の春、バンドのフロントマンが心不全で倒れ無念の解散となる。

いよいよバンド活動意識が薄れてきた頃、インターネットを覚え、ネット上での音楽活動を開始。
『2ちゃんねる』の音楽系スレッドに『詐欺師2世』なるハンドルネームで徘徊。
少しずつ音楽仲間が増え始める。

2005年~
雇われドラマーとして営業バンドでセッションする傍ら、少しながらネットでの活動も広がる。
ソシアルダンス用のバンド『ティコティコ・ダンスバント』にドラマーとして参加。
…が、さすがに歳のせいか横着になり、今や音楽活動は年間数回のみとなる。

2008年~
以前からドラムとして参加していた『尿inぐストーンズ』の活動が少々増え、ほんのちょっとだけバンド活動が忙しくなり、ネットでの音楽活動が停滞気味になる。

2010年~
『スネイクヒップ』なるバンドにドラムとして参加。
ベースで参加している『トランキライザー』が活動を再開。
一気にバンドの掛け持ちが増えネットの音楽活動どころじゃなくなる。
現在、ネットはHPの維持とSNSを徘徊する程度になり、老体にムチ打ってバンド活動に精進している。